先物取引で発生する損益

明暗

こちらの説明は、先物取引で発生する損益について誰でも(子供でも)わかりやすく説明しようと思って書きました。

以下の説明を読んだ上で、イメージを掴めばより本格的な話に入っていく足がかりになるかと思われます。
こちらの説明を読んだうえで、まずはイメージをお掴みください。

先物取引は大豆なんかも取引の商品になるので、こちらでは豆腐を例に進めていきましょう。納豆でもいいですよ。 さて、Aさんが何らかの事情があって半年後に豆腐が1,000丁必要になりました。

そこで豆腐屋さんにその話をしたところ豆腐屋のBさんは「うちで1,000丁予約してくれら一個100円で提供してあげるよ」と話を持ちかけてきました。
つまり、この時点では10万円の取引が約束されることになります。この時点ではお金も商品も動くことはありません(実際には証拠金などが動くことはあります )。

さて、何らかの事情で大豆の値段が高騰してしまい、Bさんが豆腐が150円でしか作れないことになってしまいました。 しかし、すでにAさんとBさんの間には「10万円で豆腐を作る」という取り決めがあります。

先物取引ではこの取り決めは値段が変わったからといって簡単にキャンセルしたりできないようになっています。
そのため、Bさんは泣きながらAさんに本来でしたら150個×100円=15万円で売れるところを、10万円で売らなけれればならないのです。 つまりこの場合買主のAさんが5万円の「利益」を得ることになり、先物取引成功となります。
ここで見落としがちなのですが、泣きながら豆腐を作ったBさんには5万円の「損失」が発生するのです。

さて、何らかの事情で大豆が安くなってしまった場合、Bさんが50円で豆腐を作れることになりました。

しかし、AさんとBさんの間には例の取り決めがあります、そのためAさんは5万円の豆腐を10万円で買わなければならないのです。
先ほどBさんがキャンセルできなかったように、Aさんもキャンセルできません。本当の先物取引ですとAさんはある程度の予約金などを支払うことになります。 この場合、今度はAさんに5万円の「損失」が、Bさんに5万円の「利益」がうまれます。

以上が先物取引で発生する損益の説明です。

実際には証券会社が介入したりするのですが、わかりやすく説明するために当事者同士の話にしておきました。
多少イメージを持てたと思われますので、これから本格的な研究に入ってください。