先物取引とは

説明

こちらでは先物取引について、子供でもわかるくらいのわかりやすい説明を行おうと思います。
先物取引はいろいろなところで説明されていますが、結構難しいのでハードルが高いです。

そこで、こちらではかなり簡単に説明しますので、こちらでイメージを掴んでから本格的に取り組むことをお勧めします。 ただ、こちらを読んだだけで先物取引を究めたなんていうことは絶対にありませんので、そこのところだけはご注意ください。

皆さんはコンビニで100円のジュースを買うときに、ジュースを手に入れるために100円を払いますね。
そしてコンビニはそのお金を皆さんに渡します。これはここをお読みの皆さんでしたら毎日のように行う行為だと思いますが、これを現物取引といいます。

つまり、お金を渡した時点で商品を得ることができるのです。
先物取引はこの現物取引とは全く異なるものなのです。

先物取引ですと、皆さんは「ジュース10本を半年後に1,000円で買います」とコンビニ側に予約します。 そして、半年後ジュースではありえない話なんですがジュースの値段が一本が150円になったとします。

それでも「ジュース10本を半年後に1,000円で買う」という予約のため、1,000円で150円のジュースを10本手に入れることが可能になるのです。
本来でしたら150円のジュース10本ですから1,500円かかるのですが、それを1,000円で手に入れることができますので500円の利益が生まれます。 これが先物取引の成功例です。多くの人、いえ、すべての人がこうしてお金を得たいから先物取引を行うのです。

ところが半年後のジュースの値段が(尚更ありえないことですが)50円になったとします。

それでも先ほどの予約がいきているため、皆さんは1,000円を出して、500円分のジュースを購入しなければならないのです。
残るのは10本のジュースと、500円の損失です。

これが子供にもわかる先物取引の仕組みです。

本来でしたらジュースではなくガソリンや金、大豆などが先物取引では扱われています。 そして値段も100万、1000万円という世界ですので、失敗すれば上記のような笑い話では済まないということがわかるかと思われます。